私たちの教団のホームページにようこそ!

教団委員長 島津吉成


 私たちの教団は、キリスト教の新教(プロテスタント)に属する教団で、全国に155の教会があります。
 「夜はよもすがら泣き悲しんでも、朝と共に喜びが来る」。これは、聖書の詩篇30篇5節というところに記されているみ言葉です。夜の闇がどんなに深くても必ず明るい朝が来るように、神さまはどんな人に対しても希望の光を注いでくださると約束してくださっているのです。嬉しいことですね。
 ぜひ、お近くの教会にお出かけください。きっと、素晴らしい出会いが待っています。(私たちの教団の教会は、このホームページの中にあります「全国教会所在地」に掲載されています)
 このホームページをご覧くださった皆さまの上に、神さまの祝福がますます豊かにありますようにお祈り申し上げます。

【新着ホームページ】

 
 
 
閲覧は上記メルアド登録が必要
教団教職者、教団総会信徒代議員、勧士、教団執行部、信徒スタッフ(局、委員会)のみが登録可能

教育局


 説教勉強会

 
 

CS研究会、CSネットワーク

 
次世代ワーキンググループ
 

視聴覚

聖会の説教などのCD、DVD販売の注文

聖書の光

胎児から成人までの一貫した教案誌(ワーク付)個人の学び家庭集会にも最適

聖書の光の注文

 
 

奥琵琶湖キャンプ場


琵琶湖のほとりにあるキャンプ場

宣教局



 
  T&Mセミナー
東京 10/30~11/1 Level1
松山 11/6~8 Level1b
 

 
(2017年6月15日)
(2017年4月13日)
平和の祈り
(ページ内よりダウンロードできます)
 

 
希望は失望に終わらない


「希望は失望に終ることはない」
    (新約聖書 ローマ人への手紙第5章5節)
 
 私は、春の祝日に誕生したこともあってか、四季の中で一番春が好きです。自然界の芽吹きと共に、進学や就職、結婚など、新しい人生の出発を祝福する機会も多く、そういった喜びや希望にあふれた人々に出会うことができるのも幸いです。
 
 しかし、人生がいつも希望にあふれているかというとそうではありません。実際には失望することが多いのです。受験や就職に失敗し、望んだ道に進めなかったり、たとえ進めても、途中で挫折することもあります。そのような時、「どうしてこうなったのか」と心を痛め、自分を責め、苦悩する人が多いはずです。
 
 聖書に「希望は失望に終ることはない」(ローマ5:5)との言葉があります。「そう言われても現実は厳しく、失望落胆ばかりでどうすればいいのよ!」と言われるでしょうか。確かに、人の努力、気の持ちようでは解決しません。
 
 「希望は失望に終ることはない」と書いたのはパウロという伝道者です。彼は外国に出て行ってキリストの救いを伝えた人ですが、その使命を貫いただめに、私たちの想像を絶するような困難や苦悩を味わいました。しかし、その中にあっても、希望を持ち続けることができたのです。なぜでしょう。パウロは、自分を振り返り、もし神を信じ、神の恵みと祝福にあずかり続けていなければ、とうの昔に失望していたと述懐し、続けて、失望で終らないのは「神の愛がわたしたちの心に注がれているから」(ローマ5:5)だと語っています。
 
 私の人生も、多くの困難、試練があり、思い悩み、涙することもありました。
 
 肉体的(ンディキャップだけではなく、精神的に滅入ってしまったことや、さらに手術経験が8回、自然災害にもたびたび遭ってすべてを失い、しまいには交通事故で生死をさまようことにもなりました。しかし、本当に幸いであったのは、すべて失望落胆で終らなかったことです。いつも神の愛の中で支えられ、信仰によって、希望に満たされていたのです。
 
 この春、新しい出発や、目標に向かって夢や希望を持って始められた方々の歩みの上に、主イエスと共にある希望と祝福がありますように。

(「きぼう」2月号)

     

 (「きぼう」アーカイブ) 

「神のいだかれる計画を信じる」

総務局長 大前 信夫

 
 「主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。それは災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである」。
(エレミヤ29:11)

 
 年度の開始月には教会によって違いがあります。それでも今の時期は、教会でも教団各局、各委員会でも、総会資料の準備で忙しくされているでしょう。一年を振り返りながら総会資料を作成していると、たくさんの感謝をささげられるものですね。そして同時に、さまざまな課題とも向き合います。高齢化という言葉にするまでもない現実があります。伝道の停滞と教勢の低下も見られます。そんな明るい話題の少ない教会にあって、右記の約束はじつに闇に灯る光のように思います。

 ところで、エレミヤを通して伝えられたこの神の約束は、ユダ王国の崩壊と共に異教の地バビロンに捕らえ移された人たちに送られた言葉で、王国の存続にこだわり、敗北と屈辱を受け入れない人への約束ではありません。神の心は現実に抗うことではなく、神への信頼を失った結果を受け入れ、さばきの器となったバビロン軍への降伏にありました。しかし、当然ながら敗北を受け入れると、住み慣れた地を離れ、築かれてきた多くのものを手放さなければなりませんでした。もはや生活の見通しなどなく、命の保証すらありません。しかし、意にそぐわない捕囚の地で新しい生活を築く人たちに、神は驚くほどシンプルで、前向きな約束を与えられたのです。

 私たちの教会・教団はどのようにあることを目指すのでしょうか。「信仰をもって伝道すれば何とかなる」「心を合わせて祈って神を待ち望みましょう」で終わらせないで、教会でも、教団でもしっかりとした一年の振り返りを行いましょう。その上で将来に向かって思い描く姿、伝道のビジョンについて互いの理解を深めたいのです。

 今年は三年に一度行われる任命に関する要望書の提出年です。これは全教会と全牧師に求められます。この要望書を提出するため各教会では準備された問いに従い、自分たちの状況を診断します。これをしないで要望だけを出さないようにしましょう。しっかり診断した上で、将来の姿を思い描きます。こうして私の願いではなく、神のいだかれる計画を信じるのです。それが私たちに平安、将来、希望を与える計画です。

(「りばいばる」2月号)

 

 
「りばいばる」アーカイブ

神の宣教に仕える教会

「イエス・キリストは主である」の信仰に生きる
-心を合わせ、ひざをかがめ、高らかに主を賛美しつつ-
 
イエス・キリストは主である

教団委員長 島津吉成

   
 

 
「また、あらゆる舌が、『イエス・キリストは主である』と告白して、栄光を父なる神に帰するためである」(ピリピ2:11)。
 
 「イエス・キリストは主である」。これは初代教会の信仰告白だと言われています。当時は、「ローマ帝国の皇帝が主である」と言わなければならない時代でした。その中で彼らは、「ローマの皇帝が主ではなく、イエス・キリストこそ主である」と告白したのです。これは、命がけの信仰告白でした。
 
 イエス・キリストこそ、全世界の主、私たちの教会の主、私の人生の主、私の家族の主です。私たちのために十字架にかかって死なれ、3日目に死を打ち破ってよみがえられたイエス・キリストこそ、私たちの主です。このお方を主とし、このお方に従い、仕える、ここに神の宣教に仕える教会の姿があります。

 もうずいぶん前のことですが、教会のある問題を解決しようと、自分の力で頑張ったことがありました。ところが、解決するどころか、火に油を注ぐ形になってしまいました。まさにお手上げという状況の中で示されたのが、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」(マタイ16:24)とのみ言葉でした。清水の舞台から飛び降りるような思いでこのみ言葉に従ったとき、まったく思いがけない道を神さまが開いてくださいました。そのとき身に染みて、「教会の主はイエスさまだ」と、この信仰に立ち戻らせていただいたことでした。

 「イエス・キリストは主である」と信じるということは、このお方に信頼して歩む、ということでもあります。私にとっては、イエスさまと相談しながら歩む、という感じです。「イエスさま、このこと、どうしましょうか。こうしてみたらどうかと思うのですが」と聞くと、あるときは、「やってみなはれ」という答えが返ってきたり、「いやあ、それはちょっと待った方がいいなあ」とか、「止めといた方がいいぞ」という答えが返ってきたり、そんな感じです。もちろん、直接イエスさまの声が聞こえるわけではありません。だから、ディボーションのときが大事なのです。祈ってみ言葉を読んでいくときに、ピンとくるみ言葉との出会いを通して、イエスさまと会話をすることができる、そんな感じです。

 「イエス・キリストは主である」との信仰告白が、日常生活の中でどう具体化していくか、このことが大事だと感じています。

(「りばいばる」視2月号

 

(「りばいばる」アーカイブ)
 
デッドリンクなどがありましたらお知らせ下さい。

 

第56回総会
3月15日(金)〜16日(土)
国立オリンピック 記念青少年総合センター
第71年会
3月25日(月)〜27日(水)
お茶の水クリスチャンセンター8階


 
【プロモーションビデオ】  

 

本科・1年訓練コース共通

願書締切と入学試験日

第二願書締切2019年 2月27日(水)
第二入学試験2019年 3月 7日(木)

 
災害支援対策委員会

このたびの「西日本豪雨」「大阪北部地震」「北海道胆振東部地震」で被災されたすべての皆さまにお見舞い申し上げるとともに、主の慰めと平安を心よりお祈り申し上げます。 
【北海道胆振東部地震】
LinkIcon第2報 北海道教区の状況
【大阪北部地震】
LinkIcon第4報 高槻第一教会のため
【西日本豪雨災害】
LinkIcon災害支援対策ニュース①
LinkIcon災害支援対策ニュース②
LinkIcon災害ボランティアご案会

青少年委員会


 

教区リンク


〈掲載依頼〉

LINK