東京聖書学院書館

図書館利用規定

図書館検索

蔵書紹介

書紹介

神の底抜けの恵み(前編)

今年の春に出版された、伝道者としての私の父の証し。
島根の松江の近くの町に生まれ、高二の時に救われて、
後に献身し、遣わされて、埼玉・本庄→広島→大阪と
各地の教会を牧会をしていくところまで。
その間、結婚して3人の息子たちが生まれている。
 決して成功談ではない。どちらかというと失敗談であり、
行き詰まった話である。けれどもその度に祈って、
御言葉を握って立ち上がっていく。
寂しいことだけれど、このごろ、この手の証しを
聞くことが少なくなってきた・・・と感じるのは私だけだろうか。
救いときよめの証しはやはりワクワクする。
 私の父の著書ではあるが、困難や弱さにあたってどう乗り越え、
信仰が育っていくかという一つのお手本でもある。
その意味で、修養生にも買って読むように勧めている。
*********************
錦織博義著
価格 1470円(税込み)
単行本: 199ページ
出版社: ヨベル (2006/05)
ASIN: 4946565221
*********************

ヨブ記講録


小畑先生は長老教会の牧師で、
長く様々な神学校でも教えておられた先生で
実は神学校に入る前に、
大正大学で仏教学を専攻し、
早稲田の大学院で東洋哲学を専攻された方で、
そのあたりの学識は本書のそこここに
鮮やかに出ています。


「講義録」ということですが、
言ってみればこれは
「バイブルリーディング」です。
ヨブ記を1章1章丁寧に読み解いていきます。
どんどん先へ先へと読ませてしまう
名著だと思います。
***************************
小畑 進著
価格 3360円(税込み)
単行本: 655ページ
出版社: いのちのことば社 (2004/07)
ASIN: 4264022231
サイズ (cm): 19 x 13
***************************

レッツロール


2001年9月11日、リサ・ビーマーは前日まで
ご主人とヨーロッパ旅行を楽しんで家で、まだ休んでいました。
ご主人のトッドはすでにサンフランシスコまでの
日帰り出張に出かけています。

けれどもご主人の乗った飛行機は
テロリストによって乗っ取られ、ワシントンに向かって
向きを変えていました・・・

奥さんのリサ・ビーマーにとっては、
自分の父親を高校生の時に医療ミスで
亡くしたことに続く、大きな悲劇でした。

神はなぜ、このような悲劇をゆるされるのか・・・
もちろん事故からまだ5年です。
リサを悲劇のヒロインや、信仰の勇者のように
扱ってしまったらかわいそうです。
けれども、ここには神さまへの問いと共に、
彼女を支えられる神さまと仲間の姿が
浮かび上がっています。


*****************************
リサ・ビーマー著 中嶋典子訳
価格 1365円(税込み)
単行本: 240ページ
出版社: いのちのことば社 (2002/9/10)
ASIN: 4264020328
サイズ (cm): 19 x 13
*****************************

チソン、愛してるよ


もう日本でも有名人ですね。
テレビなどでも紹介されています。

著者は大学4年生だった2000年7月30日に
兄と一緒に車で帰宅中に追突事故になり、
車が炎上して大変なやけどを負います。
顔も含めて全身大やけどを負ってしまったチソンの
証しの本です。

確かにすばらしい証しです。
すばらしすぎて、ちょっとできすぎているなあと
感じる人もひょっとしたらいるかもしれません。
けれども彼女自身、何かのふりをするのは
一番キライだと言っていますように、
決して英雄として、信仰者としての自分を
出しているというのでもありません。
そうではなくて、弱さも戦いもさらけだしていると思います。

その意味では、彼女をこうあらせているのは
まさに神さまだと思います。

また、障害を負っている人、病気の人に対して、
どのように接するべきかという知恵をも与えてくれる本だと
思います。

(実はチソンは治療をかねて日本に留学して、
 私が牧会している東京中央教会のすぐそばに
 すんでいたんですね。びっくり。)


*****************************
イ チソン (著), 金 重明 (原著, 翻訳),
価格 1365円(税込み)
単行本: 239ページ
出版社: アスペクト (2004/03)
ASIN: 4757210167
サイズ (cm): 19 x 13
*****************************

山谷でホスピス始めました


山谷でホスピスをはじめちゃった著者の記録。
これは事業の歴史という以上に、
著者個人の魂の遍歴とも言える。

著者自身はカトリックの方で神学的立場は違うので
その点では読む人によってとらえ方は
いろいろあるかもしれませんが、
人に向かう優しい目線は本当に温かい。
しかも自分の弱さに対してもとても正直。

読んでいて、心が優しくなれる一冊。

修養生の中にこの「きぼうの家」で
週末のミッションをしている人がいます。
その話によると、いろいろなことを知らなかったから、
ある意味、素人だったから
これだけのことができたのだと思うと
言っていました。

専門家にできないことが
素人にはできる・・・
実は知らないからできることって
けっこうあるのかもしれませんね。


*****************************
山本雅基著
1680円(税込み)
単行本: 264ページ
出版社: 実業之日本社 (2006/03)
ASIN: 4408403423
*****************************

これから戦争なんてないよね


これはとても薄いパンフレットですが
中身はとても濃いです。
買ってぜひ手元に置いていただきたい本です。

・新ガイドライン
・憲法改悪
・共謀罪
・教育基本法改正
・国民投票法案
などの問題点がどこにあるのか
漫画をつかって
よく分かるようになっています。

最後にみなみななみさんが
陸上自衛隊広報センターで一日過ごしたあとの
素朴な感想が書かれています。
自衛隊に対して抵抗感がなくなっていくのです。
「本当に弾があたれば痛いし、
人が死ぬ、ということはこの日全く考えなかった」
いうコメントはぞっとします。

知らず知らずのうちにとんでもない国に変わっている
ということのないように目を覚ましていたいと思います。
(錦織)


*****************************
にしかわしげのり・みなみななみ共著
単行本: 78ページ
出版社: いのちのことば社 (2006/11)
700円+税
ASIN: 426402482X
*****************************