聖書学院の特色



1901年の創立以来、100年余一途に伝道者の要請に尽力しています。これまで(1952年以降)596人の伝道者を世に送り出しています。






聖書学院の特色の一つは、1901年の創設以来伝道者の養成に心血を注いできたことです。伝道者とは、福音を宣べ伝え、キリストの教会を建て上げるために神によって召された者を意味します。この呼称は、しばしば牧師であったり、海外でこの務めに当たる者を宣教師としたり流動性のあるものですが、その生活のすべてを神にお捧げして、この務めに邁進する者のことを指しています。今日までに聖書学院を卒業し、伝道者として奉仕している者はホーリネス教団を超えて福音派の諸教会に及んでいます。






From its beginning in 1901, one of the distinctives of TBS is the steadfast commitment to the formation of "dendosha" or ministers. These ministers are those called topreach the good news and build up Christ's church. This identification often refers to traditional pastors, missionaries who go overseas and others in similar fields who surrender everything to God and strive to serve Him. Today TBS graduates serve as ministers beyond the Japan Holiness Church (JHC) to various other evangelical denominations as well.